ネクタロームのヘナを日常的に髪のお手入れに

最新パッケージのヘナby nectarome(100g)

最新パッケージのヘナby nectarome(100g)

 
ハマム(※1)LOVEのわたしは、週に1回のペースで通っています。何気なく一番奥の最も温度の高い奥の部屋のいつものスペースに陣取り、何食わぬ顔をしつつ、周りを観察するのが、まあ、楽しい。
 
毎回、とは言いませんが、かなりの頻度でいろいろと新しい発見がハマムの中では起こります。たとえば、ほとんどのモロッコ人女性が黒髪なのに、ヘナ(※2)で髪をパックしています。日本ではヘナといえば、もっぱら白髪を染めるもの。
 
なのに、なぜに黒髪にヘナ?と思い、職場の同僚たちに聞いてみると、「ヘナはビタミンが豊富に含まれているから、髪を丈夫にするのよ。」「ちょっと髪色を明るくするために使うの、ほら光が当たったときに、きれいでしょ?」とか、「カユミ止めにもなるし、頭皮の匂いも気にならなくなるのよ、よい事尽くめ!」と、ヘアケアにヘナを使うのは当たり前なの!知らなかったの~!?という感じのお返事が。
 
それから私自身も、白髪はまったくないのですが、nectaromeのヘナで、2週間に1度の髪パックに勤しんでいます。
 
ヘナを使ってかれこれ、3年ぐらい経つでしょうか。今では、シャンプーは使わず湯シャン&定期的なヘナパックでネコッ毛でまとまらなかった髪の調子はだいぶよくなりました。
 
henna(ヘナ)

モロッコを含む北アフリカはヘナの生産地

 
ヘナでするヘアケアといっても、方法はとっても簡単。適量のヘナの粉末をお湯でといてペースト状にします。その後、髪に塗布して10分~数時間待ってぬるま湯で洗い流すだけ。面倒なときは事前にペーストにしたヘナを浴室に持ち込み、髪に塗布し、ヘアキャップをかぶり、休憩。10分後に流します。これだけでも、これを10日~2週間に1度繰り返すと、かなり色がつきますし、髪にボリュームがでてきます。
 
ヘナは環境温度が高いほど発色する性質がありますので、次のようなポイントに気をつけて使ってみてください。(これは白髪染め用ではなく、黒髪の方のヘアケア用の手順です。)
 
 
  • お湯でヘナをとき、しばらく容器ごと保温する(30分ほど)
  • ヘナを塗った頭をタオルやビニールなどをで覆い、保温する
  • ヘナを洗い流した後、ヘアドライヤーで乾かす
  • ヘナを塗った翌日、翌々日はシャンプーを使わず、湯シャンですます(できれば、次の日は髪を洗わずにそのままにしておいた方が定着がいいです)
  • ヘナを洗い流した当日は発色が見られませんが、2,3日すると赤っぽい色がでてきます。
シリコン入りのシャンプーなどを日常的にご利用させている方の髪の毛は、化学物質なとで髪の毛がコーティングされている状態になっているので、1,2回のヘナでは色がのらない、とは懇意にしている日本人美容師さんのおはなし。
 
ヘナは定期的に、使うのがオススメです、1か月に1回、もしくは2回を習慣にしていただくと1年後には髪にハリがでてボリュームアップ、地肌も健康になると思います。
 
ヘナでより健やかな日々が訪れますように…。
ネクタローム製品にたいするお問い合わせはお気軽にこちらまで
 
(※1)日本の銭湯のような公衆風呂ですが、湯船はなく、蒸し風呂です。
(※2)ヘナは、もともとはインドを原産とするミソハギ科の植物です。葉を乾燥させ、粉砕し、パウダー状態になったものが売られています。