ネクタロームとは?(まずはこちらを)

nectarome owner, jalil belkamel

写真右がオーナーのベルカメル・ジャリル氏です

歴史、ビオガーデンの紹介

直営店のご案内(nectarome’s new marketing policy, nectarome changeについて)

アルガンオイル

サボテンオイル

フェイスケアオイル(ネロリor ローズ)

セラム(サボテンオイル配合美容オイル)

フローラルウォーター(オレンジブロッサム、バラ)

フェイスパック関連

バスオイル

グリセリン石鹸

シャンプー、シャワージェル

マッサージオイル(base on アルガンオイル)

フランスで薬学とフィトセラピーの学位を治めたDr. Belkamel博士(モロッコの真珠とよばれる南部の町マラケシュ出身)は、植物療法と精油療法を実践する場としてマラケシュから40キロ弱はなれたウーリカ村に、ハーブ園と精油のラボを作ります。これがnectarome(ネクタローム)のはじまり・・・です。

そこで、自然素材100%にこだわり、モロッコの伝統的な美容法を基本に、生物学的に根拠ある美容製品を作りはじめます。1980年代の当時、モロッコ人がハマムでつかうブラックソープ(サボンベルディ*)は、古臭いもの、いけてない時代おくれのもの、という認識がモロッコ人の間ですらされつつありました。nectaromeはそこにユーカリの精油をまぜ、初めて精油入りブラックソープを市販します。

nectaomeのすごいところは、何世紀にもわたってモロッコ美容で使われてきたものを大切に守りつつ、伝統美容から離れつつあった人々、流行に敏感なモダンな女性たちにもアピールするように、生物学的に有効な手段で+アルファの要素を加え、モロッコ美容を新たによみがえらせた、事ではないか、と思います。現在では従業員50人以上を抱えるマラケシュを代表する企業となり、マラケシュ中のマンダリンホテルや、Royal Mansourをはじめとする高級ホテルでのスパでも利用されています。

*サボンベルディ=オリーブオイル搾油後にのこるオリーブの固形物、水、塩、杉の樹などの灰(=炭酸カリウム)をまぜてつくるポマード状の石鹸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする