ブラッククミン、別名ニゲラオイルの力は歴史書にも記載されてるほどすごかった

blackcuminoilnigella.jpg

通称ブラッククミンオイル、ラテン語でNigella Sativa(ナイジャラサティバ)、日本ではニゲラオイルとよばれることの多い(和名ニオイクロタネソウ)個性的な匂いのするオイルをご存じですか?これ、写真のような真っ黒なゴマみたいな種を抽出したものです。

わたしはモロッコの庶民的な市場のスパイス屋の店先で何度か見かけ、なにに使うのだろう?と疑問に思っていましたが、そのまま追求せず放置していました。

blackcumin nigellasativa

ブラッククミンの種(すりつぶして食べ物に混ぜこむのもモロッコ人はおすすめします)photo by Mountainhills

地元のスークのおじさんとスムーズに会話ができるわけではなく(ベルベル語です)、かといって英語が話せる観光客向けスパイス屋ほど客引きがしつこいところもないので、店員にたずねる事はなんとなく避けていました。

実は、これ、中東、とくにイスラム教の世界では、たいそう重宝されている種なのです。

アラビア語で”ハッバ・エルバラカ”(habat al baraka)→”神の加護をうけた種”とよばれ、預言者モハマドが”死以外の病を治す”とコメントしたほどに、また旧約聖書にも登場するほど歴史があるもので、歴史書にも効能が謳われています。

食べてもよし、塗っても良しのブラッククミンオイル

ナイジャラサティバ、ブラッククミンの種はある日のランチプレートにも登場。苦味がいいアクセント。

この黒い粒粒のすごさを知ったのは、鏡のフレームを作ってもらっていた鍛冶屋の工房で、「ちょっと、おじさん注文してたものできた?えっ、できてない?じゃあ、いつ?」みたいな会話の流れで、何気なく風邪気味で鼻が詰まるということを伝えた日。

そのひげもじゃおじさんはどこからともなく、小さい瓶をだしてきて、例の黒い粒粒をスリコギのようなものですりつぶし始め、それを真っ白いガーゼ生地に包み、これを鼻でかげ!というジェスチャーをします。

何が何だか分からんないという感じでとりあえず嗅いでいると、ハッカ飴を食べたあとのような、清涼感が。む、む、鼻がスッキリしてる。な、なんだこれ?薬局行かなくても、速攻で効く!と驚いたのがきっかけ。

この出来事を自宅で家人に話すと、うん、そうだねえ、効くっていうよねえ、という冷静コメント。私は、「なに?」「この粒粒の力はモロッコ人には当たり前に知られているんだ、すごい!」としばし一人で興奮していたのを覚えています。

その後いろいろ調べてみると、このナイジャラサティバ、別名ブラッククミン、ほんとに色んなことに良いらしく、オイルは外用しても内服しても良し!

モロッコでよく見かける真っ黒な石鹸(made in saudi arabia

モロッコでよく見かける真っ黒な石鹸(made in saudi arabia)洗面所が黒くなるのでご注意を!

そして、モロッコには(中東には)ブラッククミン入石鹸やらブラッククミンが配合されているものが巷に溢れているんだと気づきました。

古い歴史書の中でも称えられてきたこの種、40年ほど前から世界中で医学的に研究され、ドイツはミュンヘンの研究所で当時の最新機器を用いてテストした結果、健康を増進する効能があると認められています。

具体的には、細胞の免疫力向上が見られた、とのこと。

以下、使い方を載せますね。

※当ホームページに記載している情報は、自己責任においてご活用ください。

blackcuminoil.png

モロッコ老舗メーカーNECTAROMEが、マラケシュ近郊ウリカにある生産工場より、直接日本のご自宅にアルガンオイルなどをお届けします。Secrets-marocが輸入代行者となりますので、メーカーとの面倒な外国語でのやり取り、国際宅急便の手配などご心配いりません。料金等はお問合せフォームより、お願いします。
★購入された商品を個人でご利用になるという条件のもと輸入可能です。個人輸入には購入本数などの制限(厚生局管轄)がありますので、あらかじめご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする