スイートアーモンドオイルの動画by nectaromeオーナーベルカメル氏

最近、活発にnectarome(ネクタローム)本社がおすすめnectarome製品を解説する動画をYouTubeにアップしています。

オーナーのベルカメル氏(Mr. Belkamel)や娘さんSofiaさんが実際に、パックやら植物オイルをマラケシュから35km北にあるビオガーデンを舞台に解説しています。(フランス語なので、かいつまんで下記に日本語で内容説明しています。)

nectarome(ネクタローム)の製品は食品も含めると100種類以上あります。

特に、ボディ、フェイス、バス用品は優秀なのですが、使い方、使う順番をパンフや冊子で説明していないのが、いちユーザーであるわたしは、ちょっと気になっていました。

幸い、わたしはオーナーから直接フェイスケアの方法をレクチャーしてもらい、有効な使い方が分かったのですが、個人でnectarome(ネクタローム)のお店で購入される方は、ケアの順番がわかるのか?と心配していました。

こちらに問い合わせをいただいた方々には、わたしが日本語訳をしたnectarome(ネクタローム)提唱のプロトコール(フェイスケア手順表)をご提供しています。ご興味あるかたは、お気軽にお問い合わせください。

さて、前置きが長くなりましたが、今回初めて取り上げるのは、nectarome(ネクタローム)のスイートアーモンドオイルです。マラケシュ地方ウーリカ村の自社工場にてコールドプレスしているnectaromeのアーモンドオイルですが、精製されていないのがポイントだ、とベルカメル氏は動画で言っています。

モロッコでは、少し標高の高いところですとアーモンドの木々がたくさん生息しています。モロッコの実家の敷地内にもあるのですが、緑色の産毛に包まれたアーモンドの実をはじめてみた時は驚いたものです。普段たべているアーモンドは実の中に入った種である!ということが実感をもって分かった瞬間です。

アーモンドの実

アーモンドの実、これはまだ若いですがこのままバリバリ地元の人は食べたりします。

さて、このアーモンドオイル、動画の中で、ベルカメル氏は「特に乾燥肌の人に良い」といっています。そして、「精製されていない濃度の濃いものを使うように」と強調しています、もちろんnectarome(ネクタローム)のスイートアーモンドは精製していません。安いオイルは、薬品を使った溶剤抽出法で製造されているものがありますので、注意です(nectaromeはコールドプレス法です)。

このオイル、オレイン酸、オメガ6とオメガ9が豊富に含まれており、赤ちゃんの肌ケアや、乾燥した髪(シャンプー後の清潔な髪に使ってください、と言っています)、また爪や全身のボディケアに最適だ、とも述べています。

わたしは全身ケアには、もっぱらアルガンオイルを使っていますので、スイートアーモンドオイルは使ったことがありません。ですが、アロマセラピーをされる方は、スイートアーモンドをベースオイルに自らいろいろな精油を配合されてオリジナルオイルを利用されるので、今度一度使ってみようと思います!